日記一覧 | 金沢市周辺の不動産をお探しなら合同会社ライトフにお任せ下さい。

金沢市および金沢市近郊の不動産売買は、合同会社ライトフにお任せください。

イエステーション木曳野店

076-255-2834

営業時間10:00~18:00 定休日毎週水曜日

金沢市内の分譲マンション売買仲介に特化した不動産会社です。前職である地元大手不動産会社での実績を含め約330組のお客様の売買仲介をお手伝いさせていただきました。分譲マンションの売買仲介の購入や売却でお悩みのある方は、是非、当社へお気軽にお問合せください。

日記

今週は、金沢情報と北國新聞の不動産情報欄『マイホームナビ』にマンションを掲載しております。

是非、ご覧になってください。

さて、本日は雨の中、午前中に次男の運動会に行ってきました。

あいにくの雨模様のため、長男が通う小学校の体育館での開催となりましたが、子供たちの元気な姿にこちらも元気をたくさんいただきました。

また、準備をした保育園の関係者の方々にはすてきな運動会にしていただき感謝です。

次男坊は、私と一緒に忍者になりきって障害物を超える競技と友達と一緒に徒競走を行いました。

普段、家では元気いっぱいの次男ですが、人前に出るといつも緊張して声が小さくなりがちなのですが、今日は、普段の自宅にいるのと変わらない元気さで運動会を楽しんでおりました。

日々、成長する子供の姿に自分も元気と勇気をもらった一日でした。

投稿日:2018/09/15   投稿者:張本修世

大阪での台風被害と北海道で地震に見舞われた皆様にお見舞い申し上げます。

一日でも早い復興と普段の日常を取り戻せるように心から祈っております。

さて、自然災害が起きるとクローズアップされるのが、火災保険。

火災保険は、皆さんかけられていると思いますが、保証の範囲を把握してますか?

地震で起こる火災は『地震保険』に入っていないと出ませんし、水害の場合には、基本的に床上浸水以上でないと保険が下りない(場合によっては異なります)などあります。

ご自身の保険の内容を改めて確認してみてはいかがでしょうか。

もし、保証の範囲が少ないなど不安を感じたら火災保険の内容を充実させることをオススメいたします。

当社では、不動産をご購入される方に対して火災保険を提案しております。

なるべく安心していただけるようにそして無駄な内容を省いて提案しております。

ご安心くださいませ。

投稿日:2018/09/09   投稿者:張本修世

新築のための土地購入のお客様とマンションの購入及び売却のお客様のご相談を最近いただきましたが、どちらも1週間で買付申込となりました。

これから契約の準備ということになりますが、土地購入のお客様に関しましてはご融資の相談から短期間でスムーズに進みました。

当社では住宅ローンのご相談から行っています。

ご融資の仮審査などでは、買主様のご協力をいただくことが多々ありますが、一生に一度の大切な買い物。

私たちは、お客様と一緒に二人三脚で手続きを進めていきます。

そして、マンション売却のお客様に関しましては、ご依頼いただいてから1週間で買主様が見つかりました。

以前よりお探しになっていたお客様へのご紹介によるものでスムーズにご売却の運びとなり、売主様・買主様ともに大変よろこんでおられます。

当社では、購入・売却のご相談をいつでも受け付けております。

お気軽にご相談くださいませ。

投稿日:2018/08/31   投稿者:張本修世

本日の金沢も暑い日が続いております。

先日は、北陸地方で初めて40℃を超す気温が観測されました。

本当に秋に向かっているのかと不安になる毎日です。

さて、今回は消費税について書きたいと思います。

来年の10月には消費税が上がることになっておりますが、不動産という高い買い物をした際の消費税はどのようになるか。

基本的に以下のようになります。

土地 ⇒ 消費税はかかりません

建物 ⇒ 消費税がかかります。

土地の購入に関しては、消費税がかからないので安心ですが、建物については消費税がかかります。

しかし、建物すべてにおいてではありません。

例えば、売主が個人の方である中古物件を購入する際は、消費税がかかりません。

消費税自体売主が課税業者である場合にかかります。

そのため、消費税を気にすべき方は、土地を購入して新築を建てる方や新築の建売住宅を購入する方など売主が業者である場合です。

もともと中古の物件を購入しようと思っている方は、ほとんどの場合個人の方が売主であることが多いのでその際には消費税がかからないので安心してください。

但し、購入に係る諸費用。

例えば、仲介手数料や司法書士への報酬などには、消費税がかかるため、10%に上がった場合には8%のときに比べ諸費用の支払いが多くなります。

結論、消費税が上がると少なからず同じものを購入する場合、支払総額が上がりますが、個人が売主の中古物件を購入される方は、消費税を気にし過ぎて購入自体の失敗をしないようにしていただきたいと思います。

 

投稿日:2018/08/25   投稿者:張本修世

不動産会社1社に行けばほとんどの不動産を紹介してもらえるって知ってましたか?

不動産を探すために何社も行かなくていいんです。

なぜ?

それは、不動産会社は不動産の売却依頼を受けると売主との間で媒介契約を締結します。

その媒介契約には、広く不動産の購入者を探すため原則として不動産流通機構への登録をしなくてはならないとしております。

この不動産流通機構をレインズといいますが、このレインズを不動産会社は各社閲覧することができるのです。

つまり、他社が売主より依頼を受けて売出ししている不動産情報を知ることができ、その取扱い不動産会社へ連絡し物件資料をもらって自社の窓口にご来店されたお客様へ紹介することができるのです。

このような仕組みがあるため、不動産会社1社だけでほとんどの不動産情報を得ることが可能ということです。

ここで良く聞かれる質問が以下の内容です。

『不動産会社が一つの売買で2社入ることで仲介手数料の支払いが多くならないのか?』

本当に良く質問される内容です。

こたえは、多くなりません。

不動産売買仲介における不動産会社がもらえる報酬は法律で定められており、一つの売買仲介で売主・買主が支払う仲介料は決まっています。

定められた金額以上を支払うことはありません。

1つの売買契約において仲介する不動産会社が1社の場合は、売主・買主が支払う仲介料を1社が報酬としてすべてもらいます。

では、2社入った場合はどうなるのか、基本的には売主・買主が支払う仲介料の合計を折半します。

3社入った場合はどうするのか?1/3づつだったりします。

つまり、売主・買主が支払った仲介料をその売買仲介に入った不動産会社で分けるのです。※分け方はいろいろありますが、ここでは割愛します。

よって、買主や売主は、一つの売買仲介に何社入ろうが支払う報酬金額(仲介料)は変わらないのです。

ここで注意!

一つの売買仲介で1社しか業者が入っていないとその不動産会社は売主・買主の支払う仲介料すべてもらえるので、他社に仲介に入ってほしくないために自社で売主様から預かっている大切な不動産が決まっていないにも関わらず『申込が入って決まった』などという不動産会社もあります。

このような不動産会社は、売主様の利益を考えず自社の利益のみを考えているので私個人としてはいかがなものかと思います。

不動産業界は、はたから見れば『怖い業界』と良く誤解されますが、上記のようなお客様のことを第一に考えない不動産会社がいるからだと思います。

ほとんどの不動産会社は、誠実に業務を行っていますが、一部の不誠実な不動産会社にひっかからないように注意してください。

今回は長くなりましたが、結論!『不動産会社は1社行くだけでほとんどの不動産情報を得ることができる』ということです。

※中には不動産流通機構登録前の物件もあります。そのような物件の情報は売主から直接依頼を受けた不動産会社しか知らないのでこれらの情報を得る方法としては複数の不動産会社を回ることです。

投稿日:2018/08/20   投稿者:張本修世
現在の売買物件数
一般
公開物件
0
0
1
3
会員
公開物件
0
0
0
1