中古マンション購入時の諸費用 | 金沢市周辺の不動産をお探しなら合同会社ライトフにお任せ下さい。

金沢市および金沢市近郊の不動産売買は、合同会社ライトフにお任せください。

イエステーション木曳野店

076-255-2834

営業時間10:00~18:00 定休日毎週水曜日

金沢市内の分譲マンション売買仲介に特化した不動産会社です。前職である地元大手不動産会社での実績を含め約330組のお客様の売買仲介をお手伝いさせていただきました。分譲マンションの売買仲介の購入や売却でお悩みのある方は、是非、当社へお気軽にお問合せください。

日記
中古マンション購入時の諸費用

今日も朝から良い天気の金沢です。

さて、中古マンションを購入する際に諸費用がかかること知ってますか?

先日私の友人が『不動産購入って本体以外に費用かかるんだね。』なんて話をしておりました。

我々は当たり前のことですが、一般の人にとっては、不動産購入というのは非日常的なことなんだと改めて感じました。

ここで不動産購入時の諸費用を書きたいと思います。

1.仲介手数料(不動産会社へ支払い)

2.登録免許税(所有権移転をする際や抵当権設定時に係る税金)

3.印紙代(売買契約書に貼るもの)

4.不動産取得税(県税にあたります、所有権移転後に数か月経ってから納付書が届きます)

5.固定資産税・都市計画税の清算金(売主様と買主様にて日割計算し清算します)

6.管理費・修繕積立金の清算金(売主様と買主様で日割り計算し清算します)

7.司法書士への報酬

以上の諸費用がかかります。

ただし!金融機関から借り入れする場合(住宅ローン)は上記以外に住宅ローンの諸費用がかかります。

金融機関によって変わりますが以下のようなものです。

1.保証料(保証会社へ支払うもの、借入金額によってかわります)

2.登録免許税(抵当権設定時にかかる税金)

3.司法書士報酬(抵当権設定にかかる報酬)

4.銀行への手数料

5.固定金利選択手数料(金融機関によっては新規借入の場合に無いこともあります)

6.印紙代(銀行とのお金の貸し借りの契約書=金銭消費貸借契約書に貼ります)

こう考えると不動産購入時にはたくさんの諸費用がかかりますね。

これらの諸費用以外に、引っ越し費用や火災保険料なども必要ですね。

では、これらの諸費用がいくらになるのか?

購入される不動産などによって変わりますが不動産価格の7%~12%ぐらいでしょうか。

1000万円では、約120万円の諸費用がかかる。このように考えていただければいいかと思います。

また、諸条件を満たすと不動産の購入に係るいくつかの税金が『安く』なります。

これも知っている人と知らない人では大きな差が出てきます!

ここでは書きませんが、詳しく知りたい人は当社までお気軽にご連絡ください。

投稿日:2018/03/30   投稿者:-
現在の売買物件数
一般
公開物件
0
0
1
3
会員
公開物件
0
0
0
1